事業所ブログ

議論をすり変える人たち ~怪しい隣人㊳ 

アクセスジョブ 清澄白河

こんにちわ

アクセスジョブお茶の水校です。

 

皆さんは、詭弁(きべん)という言葉を聞いたことはありますか?

詭弁とは、デジタル大辞林によると

「道理に合わないことを強引に正当化しようとする弁論。こじつけ。

 論理学で、外見・形式をもっともらしく見せかけた虚偽の論法。」

とあります。

要は言い方・話し方の工夫で正しくない内容を正しいように見せかけることです。

 

例えば、ベテランの行う営業トーク、イケイケの人物が行うスピーチやプレゼン、

インフルエンサーのネットでの発言。その言葉にその場では同意し納得しながらも後で、

「あれ?考えるとどうもヘンだ」

と、感じたことはありませんか? 

それは、もしかしたら「詭弁(きべん)」を使ってだまされたのかもしれません。

この「詭弁」は、古代ギリシャにまでさかのぼるほど歴史の古いものですが、

現代でもさまざまな場面で、気づかないうちに私たちを説得し、動かしています。

役に立たない考え方を成功への近道のように宣伝する人、

しょうもないデマを画期的な新知識であるかのように拡散する人、

自分の利益のために奇妙な論理で他人をだます人は、今でもそこら中にいるのです。

 

さて、この詭弁を使う人・・・ですが、特にネット社会ではよく見られます。

皆さんも聞いたことのある巨大掲示板サイトでは、

詭弁のため、正当な議論ができなかったり、読んでいる人が不快になったり、

また、そういった理屈に騙される人が多いため、「詭弁の特徴のガイドライン」と言うのもを

作成しました。

今回は、これを紹介させていただきたいと思います。

皆さんも詭弁に惑わされないように心がけてください。

 

「詭弁の特徴のガイドライン」は「犬は果たして哺乳類か?」という議論で、

肯定する意見に対する否定論者の意見として説明されます。

 

1.事実に対して仮定を持ち出す
「犬は子どもを産むが、もし卵を生む犬がいたらどうだろうか?」

2.ごくまれな反例をとりあげる
「だが、時として尻尾が2本ある犬が生まれることもある」

3.自分に有利な将来像を予想する
「何年か後、犬に羽が生えないという保証は誰にもできない」

4.主観で決め付ける
「犬自身が哺乳類であることを望むわけがない」

5.資料を示さず自論が支持されていると思わせる
「世界では、犬は哺乳類ではないという見方が一般的だ」

6.一見関係ありそうで関係ない話を始める
「ところで、カモノハシが卵を産むのは知っているか?」

7.陰謀であると力説する
「それは、犬を哺乳類と認めると都合の良いアメリカが画策した陰謀だ」

8.知能障害を起こす
「何、犬ごときにマジになってやんの、バーカバーカ」

9.自分の見解を述べずに人格批判をする
「犬が哺乳類なんて言う奴は、社会に出てない証拠。現実をみてみろよ」

10.ありえない解決策を図る
「結局、犬が卵を産めるようになれば良いって事だよね」

11.レッテル貼りをする
「犬が哺乳類だなんて過去の概念にしがみつく右翼はイタイね」

12.決着した話を経緯を無視して蒸し返す
「ところで、犬がどうやったら哺乳類の条件をみたすんだ?」

13.勝利宣言をする
「犬が哺乳類だという論はすでに何年も前に論破されてる事なのだが」

14.細かい部分のミスを指摘し相手を無知と認識させる
「犬って言っても大型犬から小型犬までいる。もっと勉強しろよ」

15.新しい概念がすべて正しいのだとミスリードする
「犬が哺乳類ではないと認めない限り生物学に進歩はない」

16.すべてか無かで途中を認めないか、あえて無視する
「すべての犬が哺乳類としての条件を満たしているか検査するのは不可能だ(だから、哺乳類ではない)」

17.勝手に極論化して、結論の正当性に疑問を呈する
「確かに犬は哺乳類と言えるかもしれない、しかしだからといって、哺乳類としての条件をすべて持っているというのは早計に過ぎないか」

18.自分で話をずらしておいて、「話をずらすな」と相手を批難する
「現在問題なのは犬の広義の非哺乳類性であり、哺乳類であるかどうかは問題ではない。話をそらすな」

19.権威主義に陥って話を聞かなくなる
「生物学の権威じゃないおまえには犬について議論する資格が無い。生物学者に意見を聞きたい」

 

このガイドライン自体が詭弁を論理的に説明するのに信用性が高いというわけではなく、

あくまで巨大掲示板発祥のネタの一つとして受け止めてもらえればと思います。

詭弁を見破るのに大切なのは「あれ?」と思ったときに、疑う姿勢です。

ネット上で議論の時、本当にその言い分が正しいのか、

今一度立ち止まってこのガイドラインを思い出してみてください。

アクセスジョブお茶の水校では、体験・見学や相談も随時受付中☆
 
お気軽にお問い合わせください♪

#就労移行支援 #障がい #発達障害 #個別支援 #精神障害 #セルフケア #ADHD #LD #ASD #就職活動 #短期離職 #人間関係 #違和感  #統合失調症 #適応障害 #広汎性 #双極性 #御茶ノ水 #お茶の水 #就労 #資格 #障害者 #クラゼミ #転職 #面接試験 #福祉サービス #東京都 #千代田区 #神保町 #水道橋

この記事を書いた事業所

就労移行支援事業所 アクセスジョブ清澄白河

〒135-0021
東京都江東区白河2-8-5三栄ビル5階

就労移行支援事業所 アクセスジョブ清澄白河
Tel
03-6811-7772
Mail
aj.kiyosumi@kurazemi.co.jp
利用時間
9:30~15:30
定休日
土曜日・日曜日