事業所ブログ

企業に伝える”障がいの配慮”

アクセスジョブ 札幌北24条

こんにちは!

就労移行支援事業所 アクセスジョブ札幌北24条校です!

今日のテーマは「就労後に必要になる“配慮”について」です。

障がいの特性上配慮が必要な場合があります。

 

そもそも配慮とは何か

配慮とは、障がいのある人とそうでない人の機会や待遇を平等にし、支障となっている事情を改善や調整するための措置になります。

改正障がい者雇用促進法の施行により、事業主に対し障がいのある人への合理的配慮の提供が義務付けられるようになりました。

雇用を考える上で重要なのは、配慮の内容や程度です。

障がいの内容や周りの環境、設備、配慮を行う側の状況により変わるということです。

個々の特性や職場の状況を考慮し、どのような配慮が必要でどのように取り入れれば

負担がなく実現可能であるかを、障がいがある人と企業、周りの人たちが話し合って決めていくことが重要になってきます。

 

 なぜ配慮は必要なのか?

それは、障がいのお持ちの方のそもそものスタートラインが違う」ためです。
障がいがある人に合理的配慮を行おうとすると、「障がい者だけに特別な配慮をするのはおかしい。みんなが平等であるべき」「差別じゃないか」と主張する人がいます。

この主張は正論にも感じますが、実はとても大事なことを見落としています。

それは、「平等」と「公平・公正」の違いです。

 

ただし、業務の難易度からみて障がいの程度が軽く、就職・就業においてハンディキャップとならない方や、病気やケガなどにより一時的に職業生活に制限を受ける人は対象外となっています

 

就労移行支援に興味のある方や参加してみたい方も

ぜひ一度体験・見学はいかがでしょうか。

一般就労を目指す中で、自身の障がいや課題を見つけて改善が出来ると喜びを感じたり

感じたことをやる気に変わると、就きたい職種に挑戦が出来ます。

しっかり支援をさせて頂きますので、お待ちしております。

~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

ご予約・ご相談は、以下のいずれでもOKです!

電話:011-788-4955 

メール: AJsapporo24@gmail.com 

ツイッター: https://twitter.com/aj_sapporo24 

フェイスブック:https://www.facebook.com/accessjobsapporo24jyoukou/ 

ライン: @643zgypr  

~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*~~*

アクセスジョブ札幌北24条校では、自立支援医療をご利用の方や
下記のような診断のある方のお仕事や生活の悩みやご不安の相談をお受けいたします。
広汎性発達障害 ・ADHD ・LD ・ASD ・統合失調症 ・適応障害・LGBT
双極性障害 ・気分障害 ・不安障害 ・うつ ・身体障がい ・知的障がい ・難病など 

 

≪≪ 個別支援型 ≫≫
一人ひとりの状況や希望に合わせた、オーダーメイドの支援を行います(*´˘`*)

この記事を書いた事業所

就労移行支援事業所 アクセスジョブ札幌北24条校

〒001-0024
北海道札幌市北区北23条西5丁目2-41 ほそかわビル3階

就労移行支援事業所 アクセスジョブ札幌北24条校
Tel
011-788-4955
Mail
AJsapporo24@gmail.com
利用時間
9:30~15:00
定休日
土曜日(不定休)・日曜日