事業所ブログ

ビジネスマナーをシンプルに【さいたま市指定就労移行支援アクセスジョブ浦和】

アクセスジョブ 浦和

ビジネスマナーはつまらないと思っていませんか。

アクセスジョブ浦和でビジネスマナープログラムを作るとき、

真っ先にそういった印象を思い浮かべました。

そもそもビジネスマナーは何のためにあるのでしょう。

ビジネスルールではないなら、必ずしも守らなくてもいいのではないでしょうか。

そんな自問をしているうちに、一応の答えにたどり着きました。

マナーは思いやりや配慮を表すもの。だから表し方は一つとは限らない。

 

敬語表現のプログラムから、一部を改変して紹介します。

 

敬語は何種類でしょう。

尊敬語・謙譲語・丁寧語、3種類。そう答えたあなたは、20世紀の人です。

21世紀は、尊敬語・謙譲語Ⅰ・謙譲語Ⅱ・丁寧語・美化語、5種類。そう文化庁が言っています。

 

つまり、敬語の定義は時代によって変わるのです。

当然、敬語の使い方も、時代によって変わります。

変わらないのは、

尊敬語は行為者への敬意を表し、

謙譲語は行為の相手方・対象者に敬意を表す、という本質です。

 

実は、この本質さえ踏まえていれば、敬語の選択は自由でいいのです。

「社長が私におっしゃる」「社長が私にお話になる」

「社長のお話を私がうかがう」「社長のお話を私がお聞きする」

これらすべてが正解です。

重要なことは、社長に対する配慮を反映したときに、

私にとってしっくりくる言い方はどれか、なのです。

 

ビジネスマナーにも、ある程度便利なマニュアルはあります。

敬語の例なら、「お○○になる」で尊敬語、「お○○する」で謙譲語、といった定型があります。

ただ、マニュアルを覚えればビジネスマナーが覚えられる訳ではありません。

 

アクセスジョブ浦和のプログラムも始まったばかりです。

今後も、ビジネスマナーは思いやりや配慮をシンプルに表現すること、

という軸からぶれずに、改善を重ねてまいります。

この記事を書いた事業所

就労移行支援事業所 アクセスジョブ浦和

〒330-0074
埼玉県さいたま市浦和区北浦和4丁目3番5号 トンボビル5階

就労移行支援事業所 アクセスジョブ浦和
Tel
070-2243-7140
Mail
aj.urawa@kurazemi.co.jp
利用時間
9:30~15:30
定休日
土曜日(事業所カレンダーによります)・日曜日