事業所ブログ

いつから大人?

アクセスジョブ 名古屋駅前校

こんにちは! アクセスジョブ名古屋駅前です(^^ ♪

今日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。

 

「〝子ども〟のくせに生意気なことを言うもんじゃありません!」

「もう〝いい大人〟なんだから、分別をわきまえなさい!」

子どもが中学生くらいになると、親も子の扱いに困惑するらしく、

そのときどきによって、子を〝子ども〟扱いしたり〝大人〟扱いしたりします。

〝子ども〟と〝大人〟を〝都合よく使い分けている〟と言えばそれまでですが、

親にとって、子どもはいつまでたっても子どもであるとともに、

「早く大人になってほしい」という願いも垣間見えたりしますよね。

 

では、いったい、何歳までが〝子ども〟で、何歳からが〝大人〟なんでしょうか?

〝大人〟は慣例的な言い方で、正しくは〝成人〟もしくは〝成年〟と呼ぶそうですが、

明治29年4月27日以降、民法によって〝20歳〟が成人年齢とされてきました。

改正民法(2018年の「民法の一部を改正する法律」)では、

2022年4月1日から、成年年齢が〝18歳〟になることが決まっています。

すでに2015年から、公職選挙法の選挙権年齢などが18歳になっていますから、

法的に見て、18歳が〝大人〟デビューということになるでしょうか。

ちなみに、『大江戸まるわかり事典』には、

「江戸時代は男の子は15歳の元服で若衆髷から前髪を剃って大人の仲間入りをし、

女の子は14歳前後から島田髷を結い、成人を祝った」という記述があり、

時代背景を考えると「なるほど」と思ってしまいます。

とはいえ、成人式は20歳、選挙権は18歳、公共交通機関の運賃は15歳と、

〝大人〟として扱われる年齢が定まっていないのは不思議ですよね。

 

ところで、みなさんが「自分は大人だ」と実感したのは何歳のときですか?

ある大手製薬会社が2018年に20から60代の男女1千人を対象に行った

「大人調査」によると、以下のような結果になったそうです。

この調査では、「大人になったと実感した」年齢の平均は29.49歳だったそうです。

内閣府が発表した令和元年版『少子化社会対策白書』によると、

日本人の平均初婚年齢は、夫が31.1歳、妻が29.4歳だったそうですから、

ほぼほぼ符合しているのが面白いですね。

 (なお、平均初婚年齢は1985(昭和60)年と比較すると、

 夫は2.9歳、妻は3.9歳、上昇しています。)

 

これとは別に、ある新聞社が「いつから大人?」というテーマで小中学生に意見を尋ねたところ、

「年齢にかかわらず、社会人になったとき」

「働いてお金を得られるようになったとき」

「〝自立〟と〝自律〟ができるようになったとき」

といった意見が寄せられたそうですが、どれも真っ当な意見で納得できますよね。

 

法的には成年年齢が定められてはいますが、〝実感〟という点では、

人それぞれの捉え方があっていいと思います。

まだ〝自立〟はできていないけれども

〝自立しなければ〟と考えるようになった時点で〝大人〟と感じてもいいのでは?

 

「父は、少年のような目で水平線のかなたを見つめていた」

「老婆は、明るく、まるで少女のようにけらけら笑った」

のような表現を小説などで見かけたりします。

立ち居振る舞いは大人でも、

気持ちだけはいつまでも子どものような純真さを持っていたいものです。

 

アクセスジョブ名古屋駅前に通う利用者のみなさんは、まさしくそんな方々ばかり。

輝くような目で、いつも前を向いて、就労を目指してプログラムに取り組んでいます。

 

この記事を書いた事業所

就労移行支援事業所 アクセスジョブ名古屋駅前校

〒453-0016
愛知県名古屋市中村区竹橋町5-10 オイセタウンビル2階

就労移行支援事業所 アクセスジョブ名古屋駅前校
Tel
052-526-5779
Mail
accessjob@kurazemi.co.jp
利用時間
9:30~15:30
定休日
土曜日(不定休)・日曜日